腎臓に負担をかけない食事|腎臓病を改善するには食事療法が良い【健康的な体を取り戻す方法】

腎臓病を改善するには食事療法が良い【健康的な体を取り戻す方法】

男女

腎臓に負担をかけない食事

ご飯

調理法を工夫して

腎臓病には食事療法が必須です。腎臓は、体内の老廃物を漉して尿を生成する作用があります。分解するときに処理が大変になるものはあまりとらないようにして、なおかつ体を維持するのに必要なエネルギーと栄養素をとらなければなりません。腎臓病の食事療法は様々な条件がありますが、大きなポイントとしては塩分とタンパク質の制限、必要なカロリーをきちんととるという三点があります。塩分とタンパク質は外食や市販の食品、お弁当などに頼った食生活ではコントロールが難しくなります。自炊するか、食事療法のための宅配などを使用するのがいいでしょう。必要なカロリーをとり、なおかつ塩分とタンパク質を制限し、食事の満足度をあげるには、揚げ物が最適です。一日一回揚げ物をとるようにすると、比較的手軽に食事療法をすすめることができます。

タンパク質と塩分を制限

腎臓病の食事療法は、塩分とタンパク質の制限、必要なカロリーを十分とること、カリウムをとりすぎないことが特徴です。塩分とタンパク質を制限すると、カロリー摂取量も減りがちになります。すると、摂取したタンパク質が体内でうまく利用されず、体の維持に支障を来します。そのため、カロリーはきちんととらなければなりません。ごはんやパンなどの穀類にも意外とタンパク質は含まれており、タンパク質をとらないようにしてカロリーをとるには油と砂糖を利用するのがポイントです。ただし市販のお菓子はタンパク質も多く含まれているため、腎臓病の人はタンパク質の少ないお菓子を選ぶ必要があります。飲み物に砂糖を入れたり、飴をなめたりするのは手軽で始めやすいでしょう。