腎臓病を改善するには食事療法が良い【健康的な体を取り戻す方法】

和食

楽しく食事をして病気改善

男の人

腎臓病の人の食事療法では、タンパク質の量や塩分の量を考えた食事をする事が必要になるので献立を考える事が大変になってしまいます。宅配サービスを利用する事で、病気に合わせた栄養素の食事をする事が手軽に出来る為、飽きのこない楽しい食事をする事ができます。

この記事を読む

腎臓の働きと味付け

女性

腎臓は有害なものを排泄

様々ある病気のなかで食事療法をとって体内のバランスを調節する必要があるものも少なくありません。その食事療法の中で最も難しい部類に入るのが腎臓病です。なぜならば、腎臓は余分なもの・有害なものを尿として排泄してくれる機能があるため、その機能が低下すると体内に余分なものや有害なものが蓄積される一方です。その蓄積を減らすためにも食事療法が求められます。では、何が困難かというと、タンパク質や塩分を含むミネラルが制限されることです。タンパク質は日本でよく使われるダシの元ですし、塩分も味付けの決め手です。味付けが難しいため家庭で美味しく作るには限界があります。そこで人気となっているのが、腎臓病のためのお弁当を宅配してくれるサービスです。

レモンやお酢が便利

腎臓病の食事療法で重要なのは、もちろん栄養素の調節となります。それとは別に重要なことがあり、それは味付けです。先ほど述べたようにダシや塩分を多く使えないため、味のバリエーションが限られてしまい毎日の食事が味気なくなる傾向にあります。そうなると食事によるストレスがかかってしまいますが、そのストレスもまた腎臓病に良くありません。なぜならばストレスが溜まると体内のタンパク質が分解されてしまいそこから老廃物を生じてしまうからです。そのため、食事であってもストレスフリーにすることが大切となってきます。そこで重宝されるのがお酢やレモンで、その酸味を活かすことで足りない旨味や塩味をカバーすることで少しでも味にバリエーションを持たせるわけです。

腎臓の病とそれぞれの味覚

夫婦

腎臓病の食事療法では酸味や辛味を多用されている一方、塩味や旨味は控えた方が良いです。では、甘味はどうかというと、多用してしまうと塩味がほしくなるため、あまり多用するべきではありません。苦味は料理にはそもそも向きません。

この記事を読む

腎臓に負担をかけない食事

ご飯

腎臓病の食事療法は塩分とタンパク質を制限し、十分なカロリーを摂取するのがポイントである。この両者を両立させるためには、揚げ物をとるのがおすすめです。また、カリウムも制限しなければならなりませんが、油や砂糖を上手に使うとよいでしょう。

この記事を読む